多焦点眼内レンズlens

tel_sp.png

眼内レンズはピントが合う距離が1つの「単焦点レンズ」とピントが合う距離が複数ある「多焦点レンズ」の2つのタイプがあります。
当院では患者様一人ひとりの生活スタイルにあったレンズを院長とのカウンセリングで選んでいきます。

※多焦点眼内レンズは、高度先進医療が適用されますので、患者様が入っておられる民間の生命保険によっては、費用が給付されることもあります。詳しくはお問い合せください。

多焦点レンズ 紹介動画

多焦点レンズが適している方

  • なるべく眼鏡をかけたくない人
  • 手元の細かい作業はあまりしない

多焦点レンズが使用できない方

  • 乱視が強い
  • 緑内障などほかの目の病気を併発している
  • 炎症が起きやすい方
  • 神経質な方(多焦点レンズは少し見え方が不自然なこともあるため)

多焦点眼内レンズについて

多焦点眼内レンズは、近くの物と遠くの物の両方にピントを合わせることができる眼内レンズです。日常生活のほとんどの場面で、眼鏡を掛けなくても見ることができるようになり生活の質の向上にも繋がります。
また、多焦点眼内レンズを使用した手術は保険適用外となります。但し、手術は高度先進医療とされておりますので、先進医療特約付きの生命保険に入っておられる場合は、保険会社からその費用が支払われます。
ただし、全ての方に多焦点眼内レンズをおすすめできるのではありません。生活スタイルにより、合う合わないがあり、例えば、夜間に車の運転が多い方には通常の単焦点眼内レンズをおすすめしています。
自分に合うのは、どちらかお悩みの場合は、ご相談ください。生活スタイルに合ったレンズをお選び致します。

当院で扱える多焦点眼内レンズの種類が増えました。

「多焦点レンズは中距離から近距離の間でよく見えるところと少し見えにくい所があります。今までは手元30cmにピントが一番合うレンズだけでしたが、パソコン、譜面などもう少し遠くにピントが合うレンズが増えました。左右の眼で自然に近距離が見えるようにレンズの種類を組み合わせることも可能になってきました。」

多焦点レンズ独特の見えかたとして・・・夜間にハロー・グレアを感じることがあります

多焦点眼内レンズを使用した手術後はハロー・グレアと呼ばれる、夜間に街灯や車のライトが、ギラついて眩しく感じたり、光の周りに輪がかかって見えることがあります。
この症状は、通常は時間が経つと気にならなくなりますが、手術後半年程経過してもよくならない場合はご相談ください。

アイビー眼科officialSite 医療ガイド 病院・クリニック
TEL:0829-37-3030